髪 傷み 修復

シャンプーをする前に髪のもつれをとりましょう。

シャンプーをする前に髪のもつれをといておくこと大切です。

 

毎日シャンプーをしていれば、汚れもそんなになく、フケも
ないので、軽くとかすだけで十分です。

 

ただ、ハードなスタイリング剤を使って、髪が固まっている場
合はブラッシングはしないでください。お湯でとかしていきます
。それからシャンプーです。

 

逆毛の時はもつれをほぐして、逆毛をとりましょう。ハードなスタ
イリング剤がつている時はリンスをつけてほぐしてから、お湯でと
かすようにしましょう。

 


お湯の温度は38°キューティクルにも優しいシャンプーを。

髪にとってのベストな温度は38°。お風呂のお湯よりもちょっと
ぬるめ。ぬるいかなって思うぐらいがシャンプーのときにははちょう
ど良い温度です。

 

熱いお湯が髪にかかると、キューティクルが立ち上がってしまって
はがれ落ちてしまう原因にもなります。

 

熱いお湯に勢いのある水圧は髪がビックリしてしまいます。

 

また必要な皮脂まで流れしまって、パサパサ髪になることもあり
ます。

髪の毛をお湯で濡らすときは優しく。

手のひらにお湯を入れて、そのお湯を地肌にまで届くように濡らして
いきます。

 

頭皮をすすぐようにお湯を含ませていきます。

 

毛先は自然に濡れるので特に気にしなくても大丈夫。

 

髪が濡れたら、髪の毛を軽くたたきます。(頭皮はたたかないでください。)
たたいたあとは、もう一度髪の毛を濡らします。
これを3分ぐらい繰り返します。
これだけで、髪の汚れはほとんどキレイに落ちてくれます。


髪の傷みが激しい時はシャンプーをする前にトリートメント。

毛先だけにトリートメント剤をつけましょう。
つけてたら軽く揉み込む。

 

トリートメント剤は薄めずに原液のままで使います。
揉み込みは強くするのでは軽くします。強く揉み込むとかえって
髪を傷める原因にもなります。

 

ロングヘアの人は毛先が傷みやすいのでしっかりとしましょう。
髪の長さの中間から毛先にかけて栄養がしっかりと行き渡るよ
うに。つけてから10分ぐらいおくと栄養が浸透します。

 

トリートメント剤が付いている部分にはシャンプーは付けずに頭
皮にだけシャンプーをつけるようにします。


シャンプーは頭皮を洗う

シャンプーをする目的は頭皮を洗うことです。

 

シャンプー剤は髪の毛の上からではなく、頭皮に付けるように
しましょう。
頭皮から分泌つされる皮脂や老廃物をきちんと洗い落とす
ようにします。

 

髪の毛自体は流れてくる泡だけで十分きれいになります。

 

うつむいて洗う人は襟足や耳の脇のほうからシャンプー剤をつ
けて、徐々に頭皮に流れこんでいくようにします。

 

顔を上に向けて洗う人は、額の生え際からシャンプー剤をつ
けて、シャンプー剤は頭皮に流れていくようにします。

 

髪の毛の中に指を差し入れるように頭皮を洗っていきます。
シャンプーの泡をモコモコとたてる必要はありません。

 

傷んでいるロングヘアの人は毛先になるべくシャンプー剤が
つかないようにします。髪をすすいだあとはすぐにトリートメン
トでケアします。


シャンプーは指の腹で洗いながら頭皮をマッサージ

指の腹でシャンプーをしながら、生え際からてっぺんに向かってマッサージ
をします。

 

前髪の頭皮を洗うときは上へ上へとマッサージ。健康な頭皮づくりに役
立ちます。

 

えり足の頭皮を洗うときは下から上へとマッサージ。

 

髪が固まってしまっているようなぐらいのスタイリング剤をつけているときは
泡だったまま1分ぐらい放置してもOK。スタイリング剤が浮き上がってき
ます。


すすぎは丁寧に。

髪の毛の中に手を入れて地肌をマッサージするようにします。

 

強い水圧のシャワーでてっぺんからジャージャーするのはよくない
です。優しく洗い流しましょう。

 

3分くらいかけて、すすぎ過ぎかなっと思うくらいしっかりとすすぎ
ましょう。

トリートメントは優しく揉み込む。

トリートメントが必要なのは耳から下の毛先部分。薄めず原液の
ままつけましょう。

 

軽く優しく揉み込んでいきます。

 

さっと流す程度でいいです。ちょっとぬめり感が残っているかなっと
思うぐらいで。

 

リンスの役割は髪を守ること。

リンスの役割は髪のペーパーバランスを弱酸性にするためのもの。
髪の表面に薄い膜をつくり、摩擦や刺激、静電気などから髪を守
ってくれます。

 

リンスは髪の表面につけます。
トリートメントのように揉み込む必要はありません。

 

リンスを大量につけて、髪がツヤツヤになると思っている人がいるよう
ですが、それは誤解です。リンスを大量につけてもツヤツヤにはなり
ません。むしろ、臭いやベタつきの原因になります。

 

リンスもトリートメントと同じように頭皮につける必要は全くありません。


タオルドライは水気を吸収するように。ドライヤーをする時は頭皮から。

タオルドライは優しくします。髪の毛の水気を拭くと言うよりは、
水気をタオルに吸い取らせるような感じで。

 

 

 

水気が集まる毛先をタオルで挟み込む。これで水気はとれます。
水分は下にながれてくるので。
ゴシゴシしたりするのはNGです。切れ毛になりやすくなってしまい
ます。一生懸命拭かなくてもいいですよ。

 

 

 

バスタオルをぐるぐる巻くのもいいことではありません。軽いターバン
程度ならOK。

 

ドライヤーをするときに大切なのはまずは頭皮を乾かすこと。

 

濡れた状態のままでいると嫌な臭いの原因になります。特に、
皮脂の分泌が盛んな若い世代は素早く頭皮を乾かしましょう。
また、濡れたままだとキューティクルにもよくないですよ。

 

頭に風を入れるつもりで、頭皮と根元10aぐらいを乾かしていく。

 

えり足から乾かして、額から上はあとにするとふわっとした仕上がり
になります。

 

ロングヘアの人ははえり足から中に風を送り込むように乾かします。
水分が全体の80%程度乾いたら、ブラシでスタイリング。ショート
ヘアの人は完全に乾かしましょう。

 

 

 

このページのTOP

 


スポンサードリンク