低温マイナスイオン

低温トリートメントドライヤー

低温トリートメントドライヤーはヘアモデルやプロ向けのヘアケア
商品を開発している「髪美人育成プロジェクト」という会社が
10000人の髪質診断と1200通のアンケートをもとに作られた
ドライヤーです。

 

「髪美人育成プロジェクト」はヘアケアの冊子を20万部以上
も発行しているぐらいヘアケアの技術力としては最先端といって
いいと思います。

 

最先端の技術があるだけあって、その満足度ははすごいものが
あります。どれぐらいかというと・・・

 

満足度99%!

 

公式ページでは利用者の口コミ感想なども豊富に掲載されて
いるのでチェックしてみてください。

 

 

 

公式ページはこちら→低温トリートメントドライヤー

 

 


低温トリートメントドライヤーのチェックポイント

 

・低温だから髪が火傷しない!

 

・マイナスイオンで髪をケア!

 

・低温なのにスピード乾燥!

低温だから髪が火傷しない!

ドライヤーで髪が火傷してしまっている人というのは意外に多い。

 

特に高温のドライヤーを使っている人ほどその可能性が高い
と思います。

 

髪が耐えられる温度はいろんな専門家の意見がありますが、
おおよそ70度前後といわれています。

 

その温度を超えてしまうとどうしても髪の火傷のリスクというのは
大きくなってしまいます。

 

公式ページはこちら→低温トリートメントドライヤー


マイナスイオンで髪サラサラ

滝の周りや波打ち際にマイナスイオンがたくさん発生している
のは湿度が高いところだからだそうです。

 

ドライヤーは熱を持つためにその分湿度が下がってしまって、
マイナスイオンが発生しにくい状態にあるために、マイナスイオ
ンが発生しにくい傾向がありました。

 

低温トリートメントドライヤーの場合は低温でマイナスイオン
を作っているので、その分湿度が下がりにくい状態でマイナ
スイオンを届けています。

 

公式ページはこちら→低温トリートメントドライヤー


低温なのにスピード乾燥

吸風システムがサイクロン式で風量が多い。

 

一般的なドライヤーの多くはドライヤーの風が一点に集中して
しまいがちだったのが、低温トリートメントドライヤーの場合だと
ドライヤーの熱を分散して届けるから、髪の毛にまんベんなく
熱が伝わることで、低温にもかかわらずスピーディに乾燥する
ことができるようになっています。

 

公式ページはこちら→低温トリートメントドライヤー


スポンサードリンク