ドライヤーで髪が傷んでしまう本当の理由/髪に悪くない良いドライヤーとは

ドライヤーで髪が傷む理由・・・

髪は元々熱に弱いものです。これが重要です。

 

高温にさらされてしまうとその表面は知らないうちに火傷の状態に
なってしまうことがあります。

 

ドライヤーで髪の毛は火傷してしまう!のページでも書いています
が髪が耐えられる温度というのは70前後と言われています。
(専門家の中でも意見がいろいろあります)

 

ドライヤーで髪が傷んでしまう人のほとんどはドライヤー自体が
とても高温のものを使っていることが多いです。

 

普段使っているドライヤーが高温のドライヤーで120度ぐらいの熱
がでるようなものであれば、それは当然髪を傷めてしまう原因となっ
てしまいますね。

 

逆にいうと低温のドライヤーであれば、そういうったことを回避でき
ることにもなります。


高温ドライヤーがまだまだ多いがそれなりにいいことも・・・



一般で販売されているドライヤーはまだまだ高温のドライヤー
が多いです。

 

ただ、それにはそれなりの理由もあります。

 

それはやはり乾くのが早いということです。

 

髪は濡れている時はキューティクルが開いてしまっている状態な
ので、髪が傷みやすい状態です。

 

なので、早く乾くということはその状態から早く抜け出すことができ
るということです。

 


ドライヤーを一か所にあてていませんか?

ドライヤーを使うときのコツとしては1か所のみをずっとあてない
ことです。

 

それをしてしまうと髪の温度はどんどん上昇してしまい、髪が
傷んでしまう温度へと近づいていってしまいます。

 

髪を乾かすときはそうならないように、頭全体にドライヤーの風
をあてるように、左右上下に動かしながらするのがドライヤー
の正しい使い方と言えます。

 

それと高温のドライヤーを使っているのであれば、髪とドライヤ
ーの距離は20センチ以上あけるのがベター。

 

距離が近いほど、髪の温度は高くなってしまうので、これもひと
つのポイントです。

 


理想は低温でスピード乾燥できるもの

髪を傷めないためにはなるべく低温のドライヤーを使うのが良い
です。

 

それにプラスして、乾かす時間もなるべく短めのもの。

 

低温とスピード乾燥はなかなか両立しにくいことですが、それが
できるものもあるのでチェックしてみるのもいいかもです。

 


スポンサードリンク

ドライヤーで髪が傷んでしまう理由/髪に悪くない理想のドライヤーとは・・・関連ページ

ドライヤーで髪の毛は火傷してしまう!高温ドライヤーの弊害
シャンプやトリートメントをいろいろ試してみたけど、髪に潤いでない、ツヤがでない。そういう状態の人はひょっとしたら髪の毛がドライヤーで火傷してしまっているかもしれません。