ドライヤーについて

ドライヤーは髪を傷める大敵

髪の毛というのは、艶があって美しい状態を保つために耐えられる
温度というのは70度と言われています。

 

しかも、既に傷んでしまっている髪の毛はその温度が下がっていっ
てしまいます。

 

つまり、70度になる前に温度に耐えられず、髪の毛の傷みがま
すます進行してしまうということです。

 

しかし、一般的には販売されているドライヤーというのはまだまだ高温
のものが多く、120度ぐらいの温度の風が噴き出すものもあります。

 

 


高温のドライヤーを使う時は・・・

そういうドライヤーを使っている場合は髪の毛とドライヤーの距離を最
低でも20センチは離して使うことをおすすめします。

 

そうしないと、髪の毛はヤケドの状態になってしまって、どんなに良い
シャンプーやトリートメントを使ってもダメージのある髪になってしまい
、美しい艶のある髪にはなることはできません。

自分が使っているドライヤーを一度確認

普段はあまりドライヤーの温度まではきにすることはあまりない
かもしれませんが、これを機会に一度確認してみることをおす
すめします。

 

もし、高温のドライヤーであれば、そのための対応をするのが
髪の毛を健康に保つためには必要というのもありますし、また
、いろんなシャンプーやトリートメントを試しても「全然潤いがあ
ってツヤのある髪にならなかった」という人はもしかしたらドラ
イヤーが原因だったのかも知れません。


高温ドライヤーで髪を乾かすと・・・

高温ドライヤーで乾かすときには髪の毛との距離を一定以上
保つことが大切ですが、それをしない場合は髪の毛のキューティ
くるは傷んでしまいます。

 

髪の毛のツヤとキューティクルはとても関係が深いですが、この
キューティクルが傷んでしまうようなドライヤーの使い方をしてい
るといつまでたっても髪の毛にツヤがでません。

低温ドライヤーを使うのもあり

ドライヤーの中には低温で乾かすタイプのものも今はあります。

 

高温ドライヤーとは違い、髪の毛のケアを考えて作られている
ために、特にダメージヘアの方には良いかも知れませんね。

 

もちろん、今はダメージヘアになっていない人でも普段から低温
ドライヤーを使うことは今の潤いがあってツヤのある髪の状態を
維持するうえでもとてもいいことだと思います。


ドライヤーについて記事一覧

ドライヤーで髪の毛は火傷してしまう!高温ドライヤーの弊害

専門家の間でもいろいろな意見がありますが、だいたい髪の毛が耐えられる温度というのは70前後といわれています。この温度を超えてきてしまうと、髪の毛は火傷をしている状態になってしまうことがでてくるということです。髪の毛が火傷?あまり聞きなれないことかもしれませんが、自分で気づいていないだけで、実際にその...

≫続きを読む

ドライヤーで髪が傷んでしまう理由/髪に悪くない理想のドライヤーとは・・・

髪は元々熱に弱いものです。これが重要です。高温にさらされてしまうとその表面は知らないうちに火傷の状態になってしまうことがあります。ドライヤーで髪の毛は火傷してしまう!のページでも書いていますが髪が耐えられる温度というのは70前後と言われています。(専門家の中でも意見がいろいろあります)ドライヤーで髪...

≫続きを読む

スポンサードリンク